塾長の部屋

塾長の回想録1

NWE FACEの方々が増えて、新しい風が吹き込んで良い雰囲気です。年少幼児も最近入塾しました。年下の子を良く面倒見ている上級者たち。ほのぼのとした雰囲気で一生懸命空手を教えている姿は、何処か頼もしい。

そんな最近のけやき塾を感じながら、私の空手を思い返してみた。

2へ続く。

塾長の回想録2

小学2年の頃、強くなりたい仮面ライダーになりたいと、近所にあった空手道場に、2年の子供が勇気を振り絞り、道場のボロボロの朽ちかけの木のドアをこじ開けた!そこに立っていたのは、初老の優しそうな、むっくりした先生が数人の強面の弟子を操るように、指導している。優しそうに見えたのは、この時だけで無口な先生は、何かと

...コツを教えるのではなく、「やってろ」という事が多い。一つの事を数時間、長いと数日の間、同じことを私にさせる。これが辛かった!

その空手を何処で知ったのかというと...当時、柔道が流行っていた。姿三四郎のドラマで三四郎と互角に戦う空手使いがいた。柔道では、強くなれない。空手なら三四郎に勝てる!そう思って私の空手が始まった。

3へ続く

塾長の回想録3

私の師匠は青木利元先生です。和道空手創設者の大塚博紀先生の直系弟子で、関東から東北地方に和道空手を普及した空手会草創期の師匠です。

思え悪くて運動能力なしの私に青木先生はかなり苦労したと思います。子供時代の私ほど手間のかかる子供を私は見たことがない!あんなにひどい子供を指導したことは今まで無い。ひとつの形を覚えるのに一カ月かかる!

子供時代の私は試合で負けることがあるが、勝った試しは一つも無い。後から入ってくる後輩たちしかも学年下が昇級して私の級を越していく。

親父は「空手したって金ばかりかかるから辞めちまえ!」と言う。かあちゃんは「一度決めたら最後まで辞めるな!」と言った。...空手に最後は無い!私は死ぬまで空手を続けることになったのだ。

4に続く

塾長の回想録4

ある日の夕方暗くなって雪がシンシンと降り積もってきた。練習に行きたくないと泣く私の襟を、かあちゃんは力任せに掴んで雪降る外へ私と空手衣を放り出す!!泣きながら道場に着くと、青木先生は私に一人水で顔を洗わせ、泣いてないで早く練習しろ!そう言った。

真冬の道場の水はかなり冷たい。戦前、仙台空襲から焼け残った道場はボロボロで、道場左側全面は窓があるがガラスが無いから、雪が道場半分積もる。ホウキで掃いて雑巾かける!私の役目だった。

「この大人たちは鬼か!」私の心はそう思った。

5に続く

塾長の回想録5

後から入ってくる後輩は続かず辞めて行く。子供はいつも私一人で、大人と同じ練習を日曜日以外は全て空手道場に居た。

そして1級三度目で合格して中学1年で初段になった。合格して帰り道泣いていた。嬉しくて人間は泣けることを私は知った。

軽い自閉症で人見知りの私は、いじめられっ子で小学生の頃の楽しい思い出などは一つも無い。この世を恨んでいた小学生でした。悲しくて泣いたことはあっても、嬉しくて泣いたことは、この時が初めてだった。そんな私が昇段審査合格で泣いた。

6に続く

塾長の回想録6

素質無しの私は何度空手を...何万回空手をやめようと思うたびに、稽古する自分が自分であるのに理解できない。

しかし、、そんな私がいよいよ!空手から遠ざかるが、福島で私の浸り目の師匠と出会う!松本好弘先生です...

狂うほど空手の病に憑りつかれた先生です。そして、わたしにも空手の病が感染した。松本先生との出会いが、「けやき塾」の始まりだと思います。

私は子供の時から空手していたので、説明されたことがない。服を着るように空手をしている私の困難は質問に対する説明でした。

熊谷先生!回し蹴りを上手にするにはどのようにすればよいのでしょうか?この説明が出来なくて困った。そして説明する言葉と空手の勉強が始まった。※今でも勉強中です...。

7に続く

塾長の回想録7

たくさんの子供たちと出会い学びました。子供たちからたくさん気づかされました。

空手技術や指導とは?人間のあり方!生き方!そして、子供たちや一般の方々に空手の病を移す方法?心のこもる言葉?会話?まだまだ沢山学んでいきます。

空手の面白いところは、出来ないことかなぁ...終わり無い道のり。

空手をしていることで沢山気づかされるのです。

空手は武器です!武器はこの世にいらなくなりました!愛があれば武器は要らないのです。

愛なんて言うと、こんな私の風体では気持ち悪いですね...つまり!!愛情?親子愛、夫婦愛、兄弟姉妹愛、神羅万象という言葉かな?

空手を通じで出会いが始まります。

8に続く

塾長の回想録8

さて、大まかな私の空手ストーリーでした。

私と空手の出会い!そして私と「けやき塾」皆さんとの出会いです。

人間不出来な私です...後2年で60歳になりますが、まだまだ、ダメ人間です。でも、努力します!頑張ってみます!

そうでないと子供たちや皆さんとの出会いに失礼だと思います。

人間死ぬまで勉強と聞いていましたが、つくづく本当だなぁと感じています。                      終わり

塾長の部屋

このページのトップ